顧問弁護士の活用事例(解決事例)

アミューズメント、不動産事業様(従業員約30名)

Before

・依頼したきっかけは、事業承継の際に、前任の代表者と、現在の代表取締役で、紛争が起こり、その裁判対応が必要になったことだった。
・前任代表者は株主でもあったため、前任者との紛争は、裁判だけではなく、その後も、書類開示や株主総会での対応など、逐次法的な相談が必要になった。

After

・当事務所と顧問契約を結び、裁判以外にも法的問題への対処は、全て相談していただくこ とになりました。特に、紛争相手が株主でもあるため、その株主の権限によって会社の運営が滞らないように、会社運営の進め方など全般においてご相談いただくようになりました。
・前任者が、あの手、この手でトラブルを引き起こしてきますが、既に顧問として、会社の事情を把握できているので、トラブルが起こりそうだと思ったら、すぐにご相談いただき、弁護士として迅速に対処できるようになりました。
・また、別口で、高齢の大株主の相続問題についても、事前に経営権をどのように維持するかなどを相談いただき、具体的な指針のアドバイスを行うこともできました。

顧問弁護士活用ポイント

①会社の事情を弁護士が既に把握しているので、トラブルが起こった際の対処までに、タイムラグが生じません。
②トラブルは起こったときには遅く、相続や会社運営など、トラブルが起こる前にご相談いただき、会社の運営が停滞しないようにアドバイスできるようになりました。