労働問題

企業は労働者を使うことで、大きな事業を行うことが出来ます。
労働者の存在は、企業にとって必要不可欠です。
そうであれば、すべての起業にとって労働問題は避けて通ることが出来ないものです。
まして、日本の労働法では、非常に強く労働者の権利が守られています。
近時、非常に多くの労働問題が発生しています。
  • 未払い残業代問題
  • 不当解雇問題
  • セクハラ・パワハラ問題
  • 労働審判制度
  • 労基署による立ち入り
  • 合同組合(ユニオン)による団体交渉
  • 労働裁判の提起
いずれの問題も、1つ対応を誤れば、企業にとって致命的な影響を与えるものです。
それだけに、これらの問題が起こったときに適切な対応をとることはもちろん、これらの問題が起きないように予防策を講じることは非常に大切です。

 

弁護士に依頼をすることで、就業規則の作成や労働契約書の整備など、企業活動をする上で重要となる労働環境を整えることができます
セクハラやパワハラの問題、未払い賃金の問題などにも、予め対応が可能です。

 

当事務所は、一貫して企業の側に立って、労働問題を解決して参ります
初回相談料は無料です。まずはお気軽にご相談ください。