弁護士に依頼するメリット

英文契約書を誰に作成してもらうか

英文契約書の作成が必要な場合、誰に作成をお願いするのが良いかですが、まずお願いする相手としては、以下のパターンが考えられます。
①相手方に作成してもらう
②自社で作成する
③コンサルタント、行政書士などに依頼する
④翻訳会社に依頼する
⑤大手渉外法律事務所に依頼する

①相手方に作成してもらう

相手方に作成してもらった場合、もっとも安く、手間もかけずに作成できます。しかし、相手に作成してもらう場合、当然相手方に有利な条件で作成しますので、調印する前にしっかりと注意しなければいけません。

②社内で作成する

何度か同じような取引が繰り返されると、過去の英文契約書を利用して社内で原案を作成できる場合というのはありますが、ビジネスは常に変化していきますので、前回と同じ取引だと思って契約書をだすと、全く違ったということもありますので、注意が必要です。

③コンサルタント、行政書士などに依頼する

英文契約書は自社でも作れるものですから、弁護士に依頼しなくても、行政書士やコンサルタントに依頼することもできます。ですが、契約書を作成する目的は「後日の紛争をなくす」ということです。紛争処理の経験がある弁護士のほうが、さまざまな紛争を想定した上で、紛争を防ぐためのの契約書作成ができます。

④翻訳会社に依頼する

相手方の出してきた英文契約書案の大意を知るのが目的ということであれば、翻訳業者に頼んだ方が割安ですが、翻訳業者は法律を勉強しているわけではありませんから、誤訳されてしまうことが多いです。また自社で作成したものを翻訳会社に作成を依頼するというケースもありますが、翻訳はできても、英文契約書として正しく出来ているとは言いがたいです。

⑤大手渉外法律事務所に依頼する

英文契約書だから、大手渉外事務所に作成をお願いするもんだと思っている方も多いようですが、大手渉外事務所は作成費用が高く、割に合わない可能性が多いにあります。また大手渉外事務所だからといって、英文契約書に強い弁護士ばかりがいるわけではありません。