横浜で顧問弁護士をお探しの方は│弁護士法人横浜パートナー法律事務所

横浜顧問弁護士.com

0120-0572-05 無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 当事務所の特徴
  • 顧問弁護士
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 相談予約
初回相談無料

無料メール相談

ニュースレター

無料購読する

無料購読

バックナンバー

中国法

疑問点等がある方は、ご遠慮なくメールで質問して下さい。
匿名でこの欄に掲載するという条件の下、直接返答致します。
 

中国の企業と契約をすることになりました。この場合、契約書は中国語で作成しなくてはいけないのでしょうか。

そのようなことはありません。ただ、日本語と中国語で作成することが事実上多いようです。
 

中国の企業との契約書を、英語で作成することもあるのですか。

そのような場合、比較的よくあります。
 

中国の企業と契約する場合、やは中国の弁護士の力を借りないといけないでしょうか。

その方が望ましい場合が多いと思います。ただ、契約の場合、そもそも中国側の企業が契約違反をしたとしても、当方がまずは損をしないような仕組みにしておくと共に、裁判等は日本で行うようにしておけば、必ずしも中国の弁護士の力を借りなくても、有利な契約とすることも可能です。
 

中国企業は、約束を守らない場合が多いと聞いています。そのような場合、中国で裁判したら勝てるのでしょうか。

中国での裁判は、日本企業に不利な結果になる場合が多いといわれています。必ずそうなるというわけではないでしょうが、出来れば避けた方が望ましいことは確かです。
 

紛争が生じた場合、仲裁で解決する旨、契約書で規定されています。このような規定の方が、裁判所で解決するよりも望ましいのでしょうか。

これも一概には言えないと思います。第三国での仲裁などでは、たしかに一方的に不利な判断をされる恐れは低くなります。
しかし、その第三国で訴訟すること自体大きな負担となることがありえますし、そこでの結果を中国で執行するときにも、また高いハードルが存在するのが通常だからです。
 

中国企業との契約書で、日本の法律が適用されること、裁判は日本で行うことを規定しました。こうしておけば、紛争が起こっても安心だと思いますが、どうでしょうか。

確かにこの方が望ましいことは確かです。しかし、そもそも中国側が最初に利益等を抑えている場合には、日本で裁判をしても参加してくるかはっきりしません。さらに、仮に日本で勝訴判決を取れても、それを中国で執行するときに難しい問題が起こるからです。
 

中国と数年取引しています。新規取引先が輸出ライセンスがないので会社名義の銀行口座に送金せず個人口座へ振り込みか訪中の際、現金で支払いと強く主張してきます。可能でしょうか?

送金については、最近は規制が緩くなっているので、認められる可能性もあると思います。しかし、そもそもライセンスがない企業が、輸出業務を行うこと自体が問題とおもわれます。それに加担することになると、そのこと自体で法的もんだが生じる恐れも強いと思われます。
以上、詳しい事情を知らない中での回答ですので、ご参考程度にお願いします。
 

中国企業と契約交渉を行っており、裁判管轄につき、ご教示賜りたく、問合せさせて頂いた次第です。
中国と日本間では、判決の相互の保証が無いため、日本の東京地裁で判決を得たとし ても、中国で当該判決を執行することは不可となっております。
そのため、中国での判決の執行が可能な第三国を管轄裁判所に選択しようと考えてお ります。
これにあたり、中国での判決の執行が可能となる第三国としては、如何なる国がある か、ご教示頂けたら幸いです。

中国での判決の執行が可能な第三国がどこかは、調べないと分かりません。
しかし、少なくとも仲裁の場合は執行可能なのですから、まずは仲裁の定めを置けな いかを検討すべきではないでしょうか。
中国と日本の取引の場合、裁判管轄だけよその国にある旨規定しても、その国がその 管轄を認めてくれるのかもそもそも分かりません。
さらに言えば、そのような裁判プラス執行をしなくても良いようなビジネスを考える べきだと思います。(裁判に加えて執行判決まで取るのでは費用と時間がかかりすぎ ます。)
以上、ご参考まで。

 

img_03_004.jpg

弁護士紹介

 

弁護士費用

 

推薦者の声

 

横浜パートナー法律事務所の特徴


顧問企業様の推薦文

株式会社EYU企画

 

落合会計事務所

代表取締役社長 榎本由紀子様   所長 落合孝裕様
DSC09493.JPG   0004.JPG
顧問を依頼する前は、会社の方向性についての決断が間違っているのではないかと不安だらけでしたが、顧問を依頼してからは決断を間違えずにできるという自信が付きました。   横浜パートナー法律事務所の弁護士の先生方は、誠実で仕事がスピーディーな非常に頼りになる存在です。

株式会社インパクトトレーディング

 

シンクロア株式会社

代表取締役 横澤隆男様   代表取締役 綾部華織様
最高技術責任者 小山光広様
DSCF7376.JPGのサムネール画像   シンクロア様集合写真.jpg
小さな会社の細かい悩みにも、適切でスピーディに応えてくださる、心強い弁護士事務所です。仕事を超えて付合って行きたい友人のような存在です。   論点になっている部分を、的確に指摘してくれます。何か気になることがあれば、大ごとになる前にすぐ聞いてしまいますね。
     

Accuver株式会社 

 

東伸コーポレーション

管理部 寺本秀宝様   代表取締役社長 廣藤 義和様
図2.png
 
  img_04_003.jpg
 
スピード感を持って対応したい。法律問題について現場から考えた的確な回答を頂きたいと思っていらっしゃる会社にはぜひおすすめします。   大山先生は会社がどう動いてそうなったのかなどの一連の流れや法律との関わり方については恐らく他の誰よりも詳しいと思います。

株式会社 一品香

代表取締役 田代 哲也様
 

アートテラスホーム株式会社

代表取締役 石原 誠司様
DSC05581.JPGのサムネール画像   DSC05630.JPG
トラブルを解決して終わりではなく、今後に生かせる仕組みづくりができています。   すぐコミュニケーションが取れて相談できる窓口があるという安心感は、メンタル面での大きな支えになっています

株式会社 エヌ エス ディ

 

GOSSO GROUP様

代表取締役社長 日野 利昭様    代表取締役 藤田 建様 
DSC06460.JPGのサムネール画像   P1010868.JPG
人柄がよく、話しやすく、信頼できる弁護士の先生です。法律だけではなく、何でも相談できる先生です。   どんな悩みごとでも、しっかり話を聞いてくれる相手とその環境があれば、必ずポジティブな方向に物事は進んでいく。そんな前向きな姿勢にさせてくれる法律事務所です。

株式会社ピーマック・ジャパン 

代表取締役 松田 聡様
 

株式会社商業空間 

代表取締役 崎岡政敏様
私ども企業の立場に立って、 的確に分かり易く回答をして頂いており、非常に助かっています。   大山弁護士を、強く推薦させてもらいます。
     

ジョラスコーポレーション 代表 林尻悟様

 

株式会社弘栄 

取締役管理本部長 冨水祐興様
ホスピタリティの志のある、弁護士法人 横浜パートナー法律事務所を強くご推薦申し上げます。   大山先生にはあまりご多忙になって欲しくないので、本当は皆さんにご紹介したくないのですが、心から信頼できる素晴らしい先生です。
     

建設業 

総務担当様
 

不動産業 

代表取締役様
  人当たりが良く、人の(クライアント)の話もよく聞き、丁度弊社が求めていた弁護士を見つける事が出来たと思いました。

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

img_05_001.jpg
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

img_05_002.jpg