横浜で顧問弁護士をお探しの方は│弁護士法人横浜パートナー法律事務所

横浜顧問弁護士.com

0120-0572-05 無料メール相談はこちらから

弁護士法人横浜パートナー法律事務所は企業の法律問題に強いスペシャリストが在籍

各分野のスペシャリストが在籍

顧問先の業務を最優先で対応できる環境

5時間以内の返答保証

電話(テレビ電話・スカイプ)などでの頻繁な連絡

1ヶ月単位での顧問契約

  • HOME
  • 当事務所の特徴
  • 顧問弁護士
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 相談予約
初回相談無料

無料メール相談

ニュースレター

無料購読する

無料購読

バックナンバー

顧問弁護士って何をしてくれるの? 詳しくはこちら顧問弁護士活用事例 詳しくはこちら当事務所の特徴・強み 詳しくはこちら

横浜で顧問弁護士をお考えの企業様へ

IMG_7205.JPGのサムネール画像

顧問弁護士と契約している企業の方は、何を期待しているのでしょうか。「社長の知り合いの弁護士に顧問になってもらっている。やっぱり、何かあったときのことを考えると、弁護士の顧問がいたほうが安心だし」「名前の通った弁護士が顧問になっていてくれるというだけで、会社の格があがる。後は何かあったときのためかな」「ちょっとしたことでも顧問なら聞きやすいし。それに、裁判でも起こったときなんかは、心強いから」顧問弁護士を有している企業が、理由としてあげるのは、大体こんなところではないでしょうか。

もちろん、日々の法務業務についても、ある程度の助言は期待しているにせよ、第1の目的は、何かあったときの保険として、顧問弁護士を考えているわけです。一般的な弁護士にとって、これはある意味、自然の事といえます。なぜなら、弁護士はまず第1に訴訟の専門家だからです。

弁護士になる前に修習を受けますが、そこでも主として勉強するのは訴訟のことです。具体的な企業法務の活動については経験の無い弁護士の方が、圧倒的多数と思われます。しかし、顧問弁護士を探している企業の中も、何かあったときのための顧問ではなく、国際法務関係を含む日常の法律業務に対する積極的なサービスを求めている企業があると思います。私は、そういう企業のお役に立ちたいと考えております。

弁護士法人横浜パートナー法律事務所
代表弁護士 大山滋郎

顧問企業様の推薦文

株式会社インパクトトレーディング様

 

Accuver株式会社株式会社様

DSCF7376.JPGのサムネール画像のサムネール画像小さな会社の細かい悩みにも、適切でスピーディに応えてくださる、心強い弁護士事務所です。仕事を超えて付合って行きたい友人のような存在です。   図2.pngのサムネール画像スピード感を持って対応したい。法律問題について現場から考えた的確な回答を頂きたいと思っていらっしゃる会社にはぜひおすすめします。

東伸コーポレーション様

 

株式会社オーティーエスジャパン様

img_04_003.jpg




大山先生は会社がどう動いてそうなったのかなどの一連の流れや法律との関わり方については恐らく他の誰よりも詳しいと思います
  OTSジャパン様






何かあっても先生がいるという安心感が顧問契約を結んでよかったなと思うところです。今後も30年、40年と存続していく会社となっていくために、ずっと一緒にいていただきたいと思う存在です。

株式会社 一品香様

 

アートテラスホーム株式会社様

DSC05581.JPG


トラブルを解決して終わりではなく、今後に生かせる仕組みづくりができています。
  DSC05625.JPGのサムネール画像


すぐコミュニケーションが取れて相談できる窓口があるという安心感は、メンタル面での大きな支えになっています。

シンクロア株式会社様

 

株式会社 エヌ エス ディ様

シンクロア様集合写真.jpgのサムネール画像


論点になっている部分を、的確に指摘してくれます。何か気になることがあれば、大ごとになる前にすぐ聞いてしまいますね。
  DSC06460.JPGのサムネール画像


人柄がよく、話しやすく、信頼できる弁護士の先生です。法律だけではなく、何でも相談できる先生です。

GOSSO GROUP様

   
P1010868.JPGのサムネール画像


どんな悩みごとでも、しっかり話を聞いてくれる相手とその環境があれば、必ずポジティブな方向に物事は進んでいく。そんな前向きな姿勢にさせてくれる法律事務所です。
   
 

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

img_05_001.jpg
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している、
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

img_05_002.jpg

会社を守る法律問題

会社を守る法律相談 「会社を守る法律相談」と題して、当事務所の勤務弁護士が交代で書いているニュースレターのバックナンバーを掲載しています。

企業で起こりうる様々な法律問題への対応方法を分かりやすく解説しています。

会社を守る法律相談はこちら


当事務所の強み~各分野のスペシャリストが在籍~

企業の法務部門出身、ニューヨーク州弁護士資格保有の弁護士

当事務所の弁護士大山は、弁護士として活動するまで、約15年間メーカーの法務部門に勤めていました。その間に米国を初めとする海外の法律関係を多数扱うと共に、日本のみならず、ニューヨーク州の弁護士資格も取得し、その後1年と少し米国系の大手法律事務所で勤務した後、独立しました。企業法務・国際法務での豊富な経験を生かして、顧問弁護士として、自信を持って御社の法務業務のサポートをいたします。
IMG_7032.JPGのサムネール画像

人事・労務問題に強い弁護士

当事務所の弁護士石崎は、学生時代にベンチャー企業を立ち上げた経験があります。「法律はこうです」と単なる一般論ではなく、起業時の経験を生かした現場に即した解決策をご提案いたします。



4G2A5614.JPG

01.png

当事務所の弁護士竹内は、大手渉外事務所など都内の法律事務所で、不動産証券化やサムライ債のファイナンスから、株主総会運営やM&Aのコーポレート、はたまた訴訟など幅広い案件に取り組んできました。
どのようにすれば紛争を事前に防ぐことができ、仮に紛争になったとしても、どのようにすれば依頼者に有利になるのかを適切にご提案いたします。

 

竹内先生.JPG

saiken.png 杉浦先生顧問.JPGのサムネール画像
当事務所の弁護士杉浦は、「ほかの債権者よりも優先して支払ってもらえる」ようにするためのテクニックを有しています。また、与信管理協会において、債権を焦げ付かせないために企業が実際に行っている「ノウハウ」を共有してきましたので、他の企業の方法も踏まえ、債権回収の仕組みつくりをご提案できます。実際に売掛金などが焦げ付いたときには、事前にコストなどを丁寧に説明し、電話交渉・弁護士名義での内容証明郵便の送付・裁判所を使う手続(各種差押え・仮差押え)などの方法から、あなたに最適な方法をご提案します。
 

chiteki.png 山村先生顧問.JPG
知財分野は、実務の動向に影響され頻繁に改正される分野といえますが、当事務所の弁護士山村は、企業の知財実務を扱う方、企業の法務部の方が参加する学習会等に積極的に参加し、研鑽、交流に励んでいるため、最新の改正動向、企業実務を反映したサポートを行うことができます


 

サービス一覧

契約書

「ひな形」や「サンプル」では意味が無い?

契約書を書かないと損をする

提示されたら、弁護士に相談

契約書作成のチェックポイント

当事務所の契約書の実績

 

 

英文契約書

英文契約書について

英文契約書の種類

英文契約書の成立要件

英文契約書の基本構造

契約書の作成・チェックの仕方

弁護士に依頼するメリット

英文契約書の英語

ソフトウェア・ライセンス契約

商標ライセンス契約

特許ライセンス契約

契約書にどこまで書くか

 

労働問題

解雇

残業代問題

労働裁判

労働審判

セミナーのお知らせ

 

         

社外取締役

社外取締役とは

 

著作権

「創作的な表現」アイデアと表現の違い

 

 

秘密保持契約

「秘密保持契約」とその実効性確保

秘密保持契約のフォーマット、雛形

秘密保持契約の損害賠償条項

クレーマー対策

クレーマー対策

 

事業継承

事業継承について

 

 

コンプライアンス

コンプライアンス体制の手伝い

  • 会社経営者、社長の相続
  • 病院経営者、医師の相続
  • 会社経営者、社長の離婚
  • 病院経営者、医師の離婚

当事務所の顧問先業種一覧 (50業種以上)

中古車販売
飲食業
浄水器製造
土地家屋調査士
通信業
流通業
コンクリート業
建設業
外資系
設備工事
清掃業
人材派遣業
不動産
電子機器メーカー
製造業
介護事業
健康食品
医療転職支援
倉庫業
ホテル
広告コンサルティング
太陽光発電
ガソリンスタンド
保育園
税理士
社労士
自動車販売

メディア掲載実績

弁護士ドットコムで、ロイホ24時間営業廃止、弁護士「長時間労働批判の世論を見越した、高度な経営判断」という記事が記載されました! (2016年11月19日)


弁護士ドットコム.PNG
YAHOOニュース.PNG※クリックで詳細を見れます。

弁護士ドットコムで、当事務所の勤務弁護士 石崎が記した「労働」に関する記事が掲載されました。また、その記事がYAHOO!ニュースにも転載されました。

週刊東洋経済に『副業するなら押さえたい法律・規則のQ&A』という記事が記載されました! (2016年11月07日)


0002.jpg
0001.jpg※クリックで画像を拡大できます。
当事務所の弁護士 大山が週刊東洋経済で、「副業」をテーマに、法律家の見解を述べた記事が掲載されました。

弁護士ドットコムをはじめ、各ポータルサイトへ記事が配信されました!
 (2015年1月19日)

当事務所の所属弁護士 石崎が弁護士ドットコムの取材を受け、解説した記事がヤフーをはじめ各ポータルサイトへ掲載されました。

『政治家の「うちわ」起訴されず・・・不起訴は「無罪」と同じなのか?』

               >>詳しくはこちら
kijihaisin.PNG

 

img_03_004.jpg