GOSSO GROUP 代表取締役 藤田建様

GOSSO メイン.png

GOSSO GROUP様について教えてください。

藤田社長:創業が2005年の12月で渋谷を1店舗目として、総合居酒屋としてスタートしました。今現在、首都圏と横浜、あと名古屋・大阪で計60店舗近くの飲食店を展開しています。横浜はおそらく創業4年目ぐらいに進出をして、そこで今、横浜の駅前で6拠点の店舗を営業しています。

 

顧問契約をされた理由やきっかけを教えてください。

藤田社長:横浜に進出した当初、うちの従業員が法的なトラブルに巻き込まれることがありまして。東京も含めた首都圏では問題なかったのでですが、横浜で問題になってしまい、びっくりしました。そこでいろいろ法律事務所を探した結果、大山先生にたどり着きました。
インタビュアー:GOSSO様は渋谷にあり、大山先生の事務所は横浜ですが、わざわざ横浜の事務所を選んだという点には何かあったんですか?
藤田社長:実は東京でも法律事務所を探していましたが、法律事務所って、どこもドライなんですよね。お忙しいというのもあると思いますが、親身じゃないですし、そもそも顧問料を払ってないところとは話もしないっていうスタンスでした。そんな中、インターネットで検索をしていたら大山先生のところが出て、行ったというのが最初ですね。
P1010885.jpg

スポットで依頼ではなく、顧問契約をされた理由を教えてください。

藤田社長:店舗が横浜で拡大するにあたって、色んなトラブルがあり、相談する機会も増えてきました。私どもは法務部がないので、それをアウトソースする必要があるんじゃないかと考えたときに、私にとってもスタッフにとっても相談しやすい先生と考えると、大山先生だったんですよ。色々と質問をしても真摯にお答えいただけるので、すごく信頼していました。それで、顧問もお願いしようと思ったわけです。

顧問契約を結んで良かったなと思うこと、エピソードを教えてください。

藤田社長大山先生も含め、他の弁護士の方も皆さま、すごく親身に相談に乗ってくれるというところです。私が東京で4つか5つぐらい行った弁護士さんとは圧倒的に違います。東京の弁護士さんは、結論からの逆算なんですかね、事務処理的な形が多いと言いますか、本当に話を聞いているのかな?と思うところもありました。だけど大山先生は、ファシリテーションしていただけているという感じです。先生に相談に行くときは焦って行っていることが多いので、ゆっくり話を聞いてくれるだけで落ち着くんですよ。 P1010874.jpg

顧問契約を結んで気づいた付加価値があれば教えていただければと思います。
顧問契約を結んで気づいた付加価値があれば教えていただければと思います。

藤田社長:一つは、横浜パートナー様のように企業の法律問題から個人の法律問題まで幅広く扱っているというのは珍しいなと感じました。特定の分野、例えば不動産とか債務整理とか民事信託とかいろいろあると思いますが、他が細分化している中、幅広く扱われている弁護士さんって実はそんなにいないのではないかと感じています。私どもは飲食なので、食中毒だったりお客さんとのトラブルだったりと色々なトラブルがあるので、幅広く相談できるところがなかったので、横浜パートナー様と顧問契約を決めたというのもあります。
もう一つは、結構失礼な時間に電話しても出ていただけるんです。他の法律事務所だと電話を取ってもくれませんね。つい先日も夜9時ぐらいに電話したのですが、すぐに出ていただけました。普通なら、明日の朝になると思いますが、これほど気軽に電話をさせていただけるような距離感の法律事務所は他にないと思います。現在企業法務じゃないプライベートな点も相談もさせていただいていますが、弁護士の先生との信頼関係や誠実さが一定の悩み事を解決する方向に結び付くんだなと改めて感じています。

御社にとって、横浜パートナー法律事務所はどのような存在ですか?

P1010891.jpg
藤田社長:渋谷から横浜と、距離としては身近ではないですが、心の距離は非常に近く、すごく頼れる先生です。私の社長としての仕事の一つは従業員に安心して働いてもらい、その能力を発揮してもらうことだと思っています。現場では、日々色んなトラブルが起こります。私も10年以上経営していますので一定以上の解決方法は把握しているつもりですが、それ以上になったときに現場の彼らを守る術がないんですよね。そんな時に、法律のプロがすぐ身近にいるということは、従業員に対する責務をしっかり果たせていると思います。

 

顧問契約を考えられている方に向けてメッセージをお願いします。

P1010872.jpg 藤田社長:すごく親身に話を聞いてくれる弁護士の先生は本当に珍しいと思います。また、事務所も明るく開放的で素敵です。窓も何もない壁に仕切られた個室の大きいテーブルで弁護士さんに話を聞いてもらっても解決する方向に向かわないです。どんな悩み事でも、しっかり話を聞いてくれる相手とその環境があれば、必ずネガティブじゃなくてポジティブな方向に進んでいくと感じています。