二重交通株式会社 代表取締役社長 篠崎 智雄様

二重交通様の事業内容について教えてください。

篠崎社長:私どもは横浜市旭区を中心に私鉄(相模鉄道)沿線の二俣川、希望が丘、鶴ケ峰駅にいつでも待機している、地域密着型のタクシー会社です。

顧問契約を依頼したきっかけを教えてください。

篠崎社長:私どもの従業員がお客様から殴られてしまって、傷害事件の被害者になってしまい、先生のところでお世話になったんですね。その処理がとても早く、その従業員に横浜パートナー法律事務所様を紹介してもらいました。

 

 

 

 

 

 

顧問弁護士として選んだ理由を教えてください。

篠崎社長:運転手は事故や事件の当事者となってしまうと、そのことを引きずってしまい、さらに事故や事件を起こしてしまいがちです。私は運転手はお客様の命を預かっているのですから、過去のことは忘れて、安全運転をしてほしいと思っています。そのためにはスピーディーに解決してくれる弁護士の先生を顧問弁護士としておくのはとても心強いと感じました。大山先生に出会う前から複数の弁護士と顧問契約していますし、今も継続していますが、傷害事件や交通事故などの案件や労働問題など、スピーディーな解決を望むものは横浜パートナー法律事務所様に依頼しています。

 

 

普段どのような依頼をされているか教えてください

篠崎社長:交通事故や刑事事件、労働問題等についての法律相談をさせていただいております。運送業関連の法律は大きな事故があると、すぐ変わります。人の命を預かる業種なので、「法律改正を行います。2年後から施行です」というようなことはなく、手紙一本送ってこられ、すぐに対応しなければならなかったり、現在ではインターネットで公開しているので、自ら情報を取りに行き、対応しなければならなかったりと、私どものような中小企業では、対応しきれずに後手に回ってしまいます。その点を大山先生にはサポートいただいております。

 

 

 

最後に、他の企業に向けて、メッセージをお願いします。

篠崎社長:私は弁護士について相談されたら、「横浜パートナー法律事務所様がいいよ」と紹介しています。弁護士の先生にとって、傷害事件などの対応はそれほどいい収入にならない案件ですが、横浜パートナー法律事務所様はそのような案件でもスピーディーに対応していただけるので、非常に助かっています。