株式会社 一品香 代表取締役 田代哲也様

一品香.jpg

横浜パートナー様に依頼されたきっかけを教えてください。

田代社長:飲食店は労働集約的な仕事ですので、人の問題でのトラブルがあります。どうしても防ぎきれないトラブルは今までにも色々とありました。トラブルを経験すればするほど、リスクが高い状況であるということを身にしみて感じていました。
そんな時に大山先生のセミナーに参加させていただくことがあり、その後、トラブルが発生する度に単発で依頼させていただいていたのですが、従業員の退職に関するトラブルが発生し、これはもう正式に顧問として契約させていただいたほうがいいなということで、顧問契約をさせていただくことになりました。

横浜パートナー法律事務所様を選ばれた理由を教えてください。

田代社長:私もいろんなセミナーにでて情報収集しているのですが、顧問契約をしようと思ったときに、大山先生の名前しか浮かびませんでした。私の友人にも弁護士はいますが、顧問を依頼するのは違うかなと思いまして。

どのようなことを依頼されていますか?

田代社長:今は労務問題での相談がほとんどです。未然に防ぐ経営のリスク管理みたいなものが当然必要ではあるんですけれども、それでも絶対起こりうるんだということは実感しますね。また最近、労務については厳しくなる一方で、経営者側の立場が弱くなっていると感じています。飲食店で働く人はオフィスで働く人と比べて、働く動機もバラバラですし、それぞれの環境、抱えているバックグラウンドも様々なので、いろんな考え方を持った方がいるので、ちょっとした言葉の行き違いで誤解を招いて、「なんだ」という話になってきます。特に、パート・アルバイトさんが多いので、本人だけじゃなくて、高校生のアルバイトだったら親だとか、パートの主婦の方だと旦那さんとか当事者以外の方が出てくるケースも結構あり、そうした方も交えて話をしていく過程では、専門家の力を借りながら進めることが効率的ですし、間違いも減らせますし、起こさずに済むこともできると思います。今現在は、幸いにも問題が起きていないのですが、今後も早め早めにご相談していきたいし、そのために顧問契約を結ばせていただきました。個人的には非常に安心感あり、なんでもっと早くこういう形をとっておかなかったんだろうと思っています。 DSC05562.jpg

顧問契約しておいてよかったなっていうエピソードを教えてください。

田代社長:ユニオンとの協議ですかね。話には聞いていましたし、参加させていただいたセミナーでもエピソードや具体例含めて聞いていたのですが、いざそうなったときには、非常に不安でした。ですので、ユニオンとの協議に同席していただいたときは、顧問契約をしておいて本当によかったと思いました。最近は辞めてから、在職していた会社に色んなことを要求してくる人が多いと聞きます。この業界はパート・アルバイトだけではなく、正社員についても、出入りの多い業界です。うちはまだそういう経験はしていないですけど、潜在的にはあり得ることで、リスクも高いので、社内でも退職時の対応を神経質にやっています。以前ある社員の退職の際に、今後のことも考え、社内のルール作りや書類のフォーマット作りを一緒にやっていただきましたが、最近そのルールや書類を使って社員の休職に対応したということがありました。ただ解決して終わるということではなく、今後に活かせるよう仕組みが作れたのが非常に良かったです。こうやって経験をしながら、会社の体制もきちんとしていけるのも顧問契約をしているメリットだなと感じています。

御社にとって、横浜パートナー法律事務所はどのような存在ですか?

DSC05550.jpgのサムネール画像 田代社長顧問契約をして一番良かったなと感じるのは、私自身が安心して経営ができるようになったことです。これまで何回か具体的に案件をやっていただき、その中で会社のことや、私自身がどんな人間かというのをつかんでいただいているので、相談する時に、そういったバックグラウンドを知った上で対応してもらえるというのがありがたいですね。この意味は年月を重ねれば重ねるほど増えていくと思います。我々は契約書のチェックを日常的にお願いするような業種ではないので、何事もなければ相談しないこともあり、ご無沙汰してしまうのですが、それはそれである意味ハッピーなことでもあります。こういった意味で横浜パートナー法律事務所様は、目に見えないところで支えていただいている存在だと感じています。

 

最後に顧問契約を考えてらっしゃる企業の皆さまへ向けてのメッセージをお願いします。

DSC05588.jpgのサムネール画像 田代社長:大山先生は非常に穏やかなお話のされ方をされていて、すごく落ち着いていらっしゃいますので、とても相談しやすく、顧問契約をさせていただいて本当によかったと感じています。