第74号 採用活動と内定のルールとは?(2)

前回から、採用と内定について解説しています。前回、採用について、法律上定められているルールについてご説明しましたので、 今回は、採用の2回目になります。 
採用のルールは、法律上の定めだけではなく、自主的なものもあります。以前は就職協定というのがありましたが、約20年前に廃止されました。しかし、政府からの要請もあり、経団連が定めた「採用選考に関する指針」
を中心に、企業団体が独自にルールを定め始めています。とはいえ、経団連の同指針も、違反に対する罰則はなく、そもそも、加盟企業適用はあIT企業参加てい新経済は、各企業とい立場採用先送実効性ないようす。 
最近採用活動ば、学生本気度という意味一応開始時期企業側インターン活発っていた、二次採用、採用よう卒業時採用活動一般的学生側っていので内定出た納得就職活動ていようす。 
優秀人材自分納得就職活動っといえば、自分就職企業就職自体回避、自起業ていす。学生若手起業家が、この傾向時代採用活動手伝っていたも、っとっていよう優秀人材採用には若い学生って魅力的企業を作学生採用活動よう学生に門戸といった本的重要っていていす。 
離職率新卒中途採用コスト割り振っていという話題
が、法律ていの機会す。次回は内定つい。 

グルメ弁護士のつぶやき 

事務所レンガ倉庫広場開催ていールた。オクトーバェストバージョン時期朝晩っぱ昼間日差かい昼間って一杯というベストだ、私、向けダイエットビール糖質ゼロビール飲料・・・)(文:石﨑)