第14号 契約書は作成したほうが良いのか?

質問

1.当社は、取引先との間で、長年にわたり契約書を取り交わさず、発注書だけで済ませていました。
2.契約書があった方が良いとは思いますが、これまで、お互い信頼関係の中で、大きなトラブルなくやってきているので、今後もそれで構わないでしょうか。

回答

1. 契約書は、必ず作ったほうが良いです。
2. 契約書は、何かあった時に役に立つという点で、保険と一緒です。
3. これまで病気も怪我もなく生きてきたからといって、保険が不要ということにはなりません。同様に、これまでトラブルなくやってきたからといって、契約書が不要ということにはならないのです。
4. そうは言っても、これまで発注書だけでやり取りしていた取引先に対して、「契約書」という仰々しいものをお願いするのは、なかなか難しいかもしれません。
5. そこで、例えば、発注書の下段の「特記事項」の中に、契約書の内容を落とし込む、という方法があります(法律上は、それで契約書と同じ効力になります)。
6. そして、「発注書のフォーマットを新しくしましたので、以降こちらでお願いします」といったお願いをする、というのはどうでしょうか。
7. 「契約書」そのものを作成することは難しくても、色々と工夫をして、契約書を作成したのと同じ状況にすることもできます。
8. 顧問弁護士は、そういったご相談もお受けしていますので、お気軽にお問い合せください。