第7号 はじめての団体交渉

質問

1. 従業員を解雇したところ、しばらくして、その従業員が加入したという地元の地域ユニオンから、解雇の撤回や未払い残業代の支払いを求めて、団体交渉の申し入れがありました。
2. 小さい会社なので、会社の労働組合はなく、初めてのことで驚いています。
3. 解雇予告手当も払いましたし、会社としては適法に解雇したと思っていますが、このまま無視したらどうなるのでしょうか。また、どのように対応すればいいのでしょうか。

回答

1. 最近は、地域ごとのユニオンや、パートタイマーのためのユニオンなど、会社別の単位組合以外の組合も増えていますから、会社に組合がないからといって、組合との問題が起きないとは限りません。
2. まず、当然ですが、会社の組合以外のユニオンであっても、会社としては、組合として扱わなければなりません。会社の組合でない場合、解雇されてから加入して団交を申し入れる、いわゆる「駆け込み団交」が多いですが、これも正式な団交となり、解雇したときに加入していなかったものとして拒否することはできません。
3. 団交の申入れを無視、または拒否すれば、労基署から勧告を受けたり、労働審判や訴訟となるおそれがありますから、会社としては、団交を申し入れられた以上、何らかの対応をしなければならないでしょう。
4. ただし、これは、組合の要求を全て受け入れなければならないということではありません。法律上、団交を申し入れられた会社に求められているのは、「団交に誠実に応じること」、すなわち、組合の要求に対して、会社としてしっかりと説明し、交渉することのみです。
5. したがって、組合の要求が明らかに不当である場合はもちろん、交渉の結果、会社として飲めない要求であれば、団交を打ち切ってもよいということになります。もちろん、ただ、会社の担当者を置いて、形式的に対応させただけの場合、実質的には団交を拒否したものと扱われてしまいますので、注意が必要です。
6. 団交の現場では、威圧的な交渉をしてくる組合もありますから、紛争予防の観点から言えば、団交の際は、事前に団交の担当者や日時場所等について、ルールを定めておくとよいでしょう。