横浜で顧問弁護士をお探しの方は│弁護士法人横浜パートナー法律事務所

横浜顧問弁護士.com

0120-0572-05 無料メール相談はこちらから

  • HOME
  • 当事務所の特徴
  • 顧問弁護士
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • お客様の声
  • 解決事例
  • アクセス
  • 相談予約
初回相談無料

無料メール相談

ニュースレター

無料購読する

無料購読

バックナンバー

  • HOME
  • 会社経営者、社長の相続

会社経営者・社長の相続

もう年も若くないしそろそろ引退かな。
もし自分がいなくなったら会社はどうなるのだろう?
 
会社経営をされている方に相続が生じると、特有の相続財産の問題、誰がそれらの財産を相続するのか、会社の経営権を誰が相続するのかといった問題に加え、相続発生後、会社の運営が従前の通りに進むのかといった、大きく二つの問題が生じます。
 
  石崎先生.jpg

1、会社経営者の相続財産特有の問題

代表者故人名義の銀行預貯金や、故人が所有者となっている不動産等は相続財産となります。ここは一般的な相続と同じです。 

代表者であれば、会社に対し、お金や土地といった資産を貸し付けている場合もありますから、それら代表者個人の持ち物については、当然相続財産となります。

もっとも、会社の代表者、社長といったポスト、いわゆる会社の経営権や、会社の所有する預金、土地といった財産は、直接的に相続財産とはなりません。
会社というのは、法人という代表者個人と異なる別個の人として扱われているので、代表者個人の所有物とは異なるからです。


ただ、経営権を相続人が引き継ぐことが多いのは、会社の株式を相続するからです。
この株式の相続、経営権の相続というのが、まさに、会社経営者に特有の問題が生じます。 

 

2、株式の相続、経営権がどうなるのか 

株式を所有する経営者、社長が亡くなると、遺言などを定めていなければ、その株式は当然に分割されるのではなく、相続人全員が共有する状態になります(法的には、準共有といいます)。

具体的には、オーナー社長の株式が100株を有している場合、相続人(奥さんと息子さん)が2人いたとします。この場合、1人50株ずつ保有するのではなく、100株を2人で共有するということになるのです。

具体例を見てましょう。

会社の意思決定は、株式の数に応じた多数決によって行われます。
100株を所有する社長、50株を有する専務が、会社の全ての株式を有していた場合には、100株を有する社長の意思決定が、会社の意思決定になるということです。


では、相続が生じて、社長の100株が相続人に相続されると、どうなるでしょうか。

株式100株が、奥さん、息子さんという二人に単純に分割されるわけではないので、50株を有する奥さん、50株を有する息子さん、50株を有する専務の多数決になるわけではありません。

まずは、奥さんと息子さんとで話合い、100株の意思決定を行い、その意思決定と50株を有する専務とで多数決を行うのです。

つまり、株式を所有する経営者の相続問題が生じると、会社はそもそも複数人の協議によって運営されることが予定されているのに、もともと経営者が一人で行っていた意思決定自体が複数人で行われることとなり、非常に複雑な状況となってしまうのです。

 

3、相続後の会社の運営                               

経営者の株式を、誰に相続させるかを事前に取り決めておかず、株式が共有(準共有)の状態になると、相続人間の意思統一ができず、会社の経営が滞ってしまうという自体に陥りかねません。

このような自体に備えて、会社法では、会社法106条によって、株式が複数人の共有となるときは、会社に対して権利を行使するものを1人定めて届け出る必要がる、という手当がされています。 

また、相続人間で意見が分かれ、会社法106条の権利行使者の届け出ができない事態もあり得るので、最近の判例によって、株式を相続した過半数の意向によって、会社への権利行使ができるという手当もなされています。

このような会社法、判例の手当てによっても、株式を1人の人に集中させておかないと、会社としての意思決定ができずに、会社の運営が滞ってしまうという事態に陥りかねません。

 

4、解決方法~相続でなく「争続」とならないために~


⑴ 事前に遺言のご準備を!

一般的に相続には、遺言を作成しておくこと、と言われていますが、経営者の相続には、経営者個人の相続財産の問題、株式、経営権の相続といったように、特有の問題が生じますので、この辺りの事情を反映した遺言書を作成する必要があります。

そのためには、会社経営者の相続特有の事情を踏まえて、関係者から充分にヒヤリングを行い将来、不満を抱える人が少ないような遺言書を作成する必要があります。

注意しないといけないのは、せっかく遺言書を作成していても、経営者特有の相続事情を踏まえずに定型的な遺言書を作成しただけでは、不満を抱えた相続人が遺言書の効力を争うといった「争続」を誘発することにすらなりかねません。

特に、経営者の場合には、相続の問題によって会社の運営をストップさせてしまう可能性があるので、遺言の重要性は一層高いものとなります。

 

⑵ 遺言がなくても、協議、調停を!

遺言がない場合には、相続人がどの相続財産を相続するのかということを決める遺産分割協議を行うこととなります。

相続人が納得できず、紛糾することも多いので、経営者特有の相続事情に詳しい専門家に相談し、遺産分割協議を進めるのが良いといえるでしょう。
経営者特有の相続問題は、相続問題だけでなく会社運営の問題も含めて調整する必要があるからですね。
 感情的な対立が進んでしまった場合には、調停という裁判所を通じた話し合いの場を設けることも一つです。

この場合は、調停委員という裁判所に選任された専門家を通して話し合いを行うのですが、調停委員は、「相続の専門家」であっても、「会社経営者特有の相続事情」に詳しいわけでないので、一般的な相続の調停よりも、各人が弁護士等専門家を代理人としてたてる必要性が高いといえます。

このように、経営者の相続には、相続財産、特に株式、経営権の問題など、特有の相続問題が生じます。
弊所では、代表の大山が長年企業に務めていたという経験から、特に会社経営者の方をサポートしておりますので、相続といっても会社の運営状況を鑑みてご相談を受けることができます。

経営者の相続で、お困りの方は、一度、弊所にご相談いただければと思います。

 

 

img_03_004.jpg

弁護士紹介

 

弁護士費用

 

推薦者の声

 

横浜パートナー法律事務所の特徴


顧問企業様の推薦文

株式会社EYU企画

 

落合会計事務所

代表取締役社長 榎本由紀子様   所長 落合孝裕様
DSC09493.JPG   0004.JPG
顧問を依頼する前は、会社の方向性についての決断が間違っているのではないかと不安だらけでしたが、顧問を依頼してからは決断を間違えずにできるという自信が付きました。   横浜パートナー法律事務所の弁護士の先生方は、誠実で仕事がスピーディーな非常に頼りになる存在です。

株式会社インパクトトレーディング

 

シンクロア株式会社

代表取締役 横澤隆男様   代表取締役 綾部華織様
最高技術責任者 小山光広様
DSCF7376.JPGのサムネール画像   シンクロア様集合写真.jpg
小さな会社の細かい悩みにも、適切でスピーディに応えてくださる、心強い弁護士事務所です。仕事を超えて付合って行きたい友人のような存在です。   論点になっている部分を、的確に指摘してくれます。何か気になることがあれば、大ごとになる前にすぐ聞いてしまいますね。
     

Accuver株式会社 

 

東伸コーポレーション

管理部 寺本秀宝様   代表取締役社長 廣藤 義和様
図2.png
 
  img_04_003.jpg
 
スピード感を持って対応したい。法律問題について現場から考えた的確な回答を頂きたいと思っていらっしゃる会社にはぜひおすすめします。   大山先生は会社がどう動いてそうなったのかなどの一連の流れや法律との関わり方については恐らく他の誰よりも詳しいと思います。

株式会社 一品香

代表取締役 田代 哲也様
 

アートテラスホーム株式会社

代表取締役 石原 誠司様
DSC05581.JPGのサムネール画像   DSC05630.JPG
トラブルを解決して終わりではなく、今後に生かせる仕組みづくりができています。   すぐコミュニケーションが取れて相談できる窓口があるという安心感は、メンタル面での大きな支えになっています

株式会社 エヌ エス ディ

 

GOSSO GROUP様

代表取締役社長 日野 利昭様    代表取締役 藤田 建様 
DSC06460.JPGのサムネール画像   P1010868.JPG
人柄がよく、話しやすく、信頼できる弁護士の先生です。法律だけではなく、何でも相談できる先生です。   どんな悩みごとでも、しっかり話を聞いてくれる相手とその環境があれば、必ずポジティブな方向に物事は進んでいく。そんな前向きな姿勢にさせてくれる法律事務所です。

株式会社ピーマック・ジャパン 

代表取締役 松田 聡様
 

株式会社商業空間 

代表取締役 崎岡政敏様
私ども企業の立場に立って、 的確に分かり易く回答をして頂いており、非常に助かっています。   大山弁護士を、強く推薦させてもらいます。
     

ジョラスコーポレーション 代表 林尻悟様

 

株式会社弘栄 

取締役管理本部長 冨水祐興様
ホスピタリティの志のある、弁護士法人 横浜パートナー法律事務所を強くご推薦申し上げます。   大山先生にはあまりご多忙になって欲しくないので、本当は皆さんにご紹介したくないのですが、心から信頼できる素晴らしい先生です。
     

建設業 

総務担当様
 

不動産業 

代表取締役様
  人当たりが良く、人の(クライアント)の話もよく聞き、丁度弊社が求めていた弁護士を見つける事が出来たと思いました。

横浜パートナー法律事務所のニュースレター

企業の常識・弁護士の非常識

img_05_001.jpg
「企業の常識・弁護士の非常識」と題して、月2回発行している
ニュースレターのバックナンバーを掲載しています。
 
企業の法務部門での15年に及ぶ勤務経験から、企業の常識と弁護士の
常識には、かなり大きいギャップがあるのではと感じています。
企業の常識を持った弁護士として、多くの会社のお役に立てればと考えております。

バックナンバーはこちら

img_05_002.jpg